コーヒー図書館

みんなのコーヒー入門

 コーヒーの木は、カフェインなどのアルカロイド類を多く含むアカネ科に属する熱帯性低木です。自然の恵みに感謝をするとともに、コーヒーの木、その葉、そして美しく可愛い花、さらにそこに宿った実が、歴史の中で育まれて、目の前のカップに注がれています。インスタントコーヒーも、もちろんレギュラーコーヒーもコーヒー以外に何物も含まれていない混じりけのない純粋な自然飲料です!

種を蒔いて3年目くらいから最初の花をつけます。花が咲いてから約8ヵ月かけて緑色から真っ赤な実に熟します。
4~5年経過したころから収穫量が多くなり、手入れをよくすれば30年くらいの間収穫をあげることができます。

あああ
コーヒーの葉 コーヒーの葉
艶やかで深い緑色をしています。太陽の光をいっぱい受けて、力強い成長を感じるさせます。 白くて小さいコーヒーの花は、ジャスミンのような甘い香りがします。葉の付け根に群集して咲きます。
コーヒーの実
収穫期のコーヒーの実は、真紅色に熟します。その他、形からコーヒーチェリーと呼ばれています。
コーヒーの生豆 コーヒーの焙煎豆
収穫したコーヒーの実から、果肉や皮を取り除くと、みずみずしいコーヒーの種子がでてきます。これがコーヒーの生豆です。 乾燥したコーヒーの生豆をローストしてはじめて、なじみ深いコーヒーブラウンの豆になります。ローストによって、豊かな香りと独特の味わいが生まれます。