コーヒー図書館

みんなのコーヒー入門

コーヒーの木には多くの種類が有りますが、現在商業的に栽培されているのは、「アラビカ種」「カネフォラ種」の2種です。他に「リベリカ種」というものもあります。

アラビカ種

世界の多くの国で生産されており、コーヒーのおよそ3分の2がアラビカ種です。 アビシニア(現、エチオピア)が原産地だといわれています。高地で栽培され気象条件や病害虫の影響を受けやすい品種です。酸味と香りが特徴です。

カネフォラ種(一般に「ロブスタ種」と言われています)

低地でも栽培され病害虫の影響を受けづらい品種です。苦味とコクが特徴で、19世紀にコンゴ奥地で発見されたのが始まりです。

リベリカ種

西アフリカが原産の品種です。ごく一部の地域でしか栽培されておらず、栽培地域内だけで消費されています。