コーヒー図書館

コーヒー物語

皆様ごきげんよう。私はコーヒーチェリーばあさん、コーヒータウン一番のもの知りでございます。コーヒーハウス「コーヒーチェリー」の女主人としてもお見知りおきくださいな。
さてこれから、私がこれまでに出会ってきたとびっきりのコーヒー物語を、ひとつずつお話することにいたします。
面白い物語がたくさんございますのよ。それでは皆様、コーヒーのお支度はできましたか?
どうかごゆっくりお楽しみ下さい。