ホームコーヒー図書館コーヒー物語コーヒーと切手、そしてお札

コーヒー図書館

コーヒー物語

前へ インデックスへ 次へ

コーヒーと切手、そしてお札

 コーヒーに関連したコレクションといって思い浮かべるのはなんでしょうか?
  例えば、コーヒーミル、サイフォンやドリップなどの器具、あるいはカップやソーサーなどの陶磁器でしょうか。本もたくさん書かれていますね。
 そうした中で、ちょっと思いつかないかもしれませんが、コーヒーを描いた切手やお札といったコーヒー・コレクションがあります。日本では、富士山や稲穂が日本の“顔”といえますが、コーヒーの生産国や交易国ではコーヒーがその“顔”なのでしょう。切手の図柄では、コーヒー豆ととり入れの図柄が多く、発行している国も相当数にのぼります。
 お札は、ブラジルやエチオピア、コロンビアなどで発行され、その図柄はコーヒーのとり入れなどの労働の様子が描かれています。そこからはお国柄はもちろん、コーヒーの歴史やその文化をかいま見ることができて、とても興味深いものばかりです。
 今やコーヒー消費大国といえる日本でも、コーヒーの切手やお札が発行されても決して不思議ではないと思いませんか?

前へ インデックスへ 次へ