コーヒー図書館

コーヒー物語

前へ インデックスへ 次へ

ナポレオンとコーヒー

 『体を暖め、勇気を引き出してくれるこのコーヒーを兵士達に与えよう。余の作戦と優れた兵士達がいれば、世界は余の手のひらにあるも同然』
軍隊の飲みものにコーヒーを初めて採用したのはナポレオンでした。
ナポレオンがまだ一介の兵士だった頃から、コーヒーはいつも彼の回りにありました。フランス大革命時代、彼がよく通ったのはカフェ「イタリア」。ここでは子爵バラス候にかわいがられ、出世の足がかりをつかみました。

 1797年、ウィーンに入城したナポレオンは、手にしていたコーヒーカップを床に落とし、粉々になったカップを示して『余は貴殿方の国をこのようにできるのである』と講和条約を拒み続けるオーストリア政府を恫喝し、将軍たちをさらにふるえあがらせたと伝えられています。
そして1806年、ベルリンに入城した彼は、残る最大のライバル・イギリスを標的に大陸封鎖を行います。イギリスの海上貿易に大打撃を与えようという狙いでした。しかしその結果は、思わぬフランス民衆からの反発でした。『我々の愛するコーヒーを返せ!』
フランスが輸入にたよっていた砂糖とコーヒー豆をも、ナポレオンの作戦は封鎖してしまったのです。
なぜか常勝ナポレオン軍の神話は、それ以後消えていきました。コーヒーを愛した英雄は、コーヒーを敵に回したことで、あと一歩だった夢の実現を打ち砕かれてしまったのかもしれません。

 ヨーロッパにコーヒーが上陸してから100年以上を経過し、コーヒーはその薬効作用による広まりから、次第に深い味わいと独特の香りによる愛好者を増していくようになり、政治や文化の檜舞台にも登場するようになったのです。ナポレオンのエピソードは、コーヒーが政治の舞台に登場した代表的な例です。

 文学の世界では、夜中に何十杯ものコーヒーを飲みながら、創作に打ち込んだというフランスの小説家バルザック(1799~1850)の話が有名です。
彼は自分の本の中で「コーヒーは血行を盛んにし、血液中の活動素を外に溢れ出させ、そのことによって得られる興奮は、消化を早め、眠気をはらい、知的能力の活動時間をしばしば延長させてくれるのである」(『近代興奮剤考』より)と述べて、コーヒーの効用を賞賛しています。さらにそのバルザック談によれば、作曲家ロッシーニもこのコーヒーの効用を認識しており、オペラを書き上げる時にコーヒーを愛飲したようです。あのロッシーニの代表作「セビリアの理髪師」もコーヒーの力で仕上げられた作品なのかもしれませんね。
 このようにコーヒーはヨーロッパの文化を代表する人々に受け入れられていったのです。

前へ インデックスへ 次へ