コーヒー図書館

コーヒー物語

前へ インデックスへ 次へ

長島出島物語 その2

それでは、早速前回の続きをお話しましょう。

長崎出島といえば、もうひとり忘れることのできない人物がいます。シーボルトです。ヴェルツブルグ大学で医学を修め、1823(文政6)年に長崎出島の商館医師として赴任した彼は、仕事のかたわら日本の自然と文化を研究し、『日本動物誌』や『日本植物誌』を著しました。そんな日本の生活の中で、シーボルトは日本がオランダと200年も交易があるにもかかわらず、コーヒーが広まっていないことに疑問を抱いていました。そこでコーヒーの普及計画を、当時のアジアの交易の中心であった 「東インド会社」に提言しています。医者であるシーボルトの考えは次のようなものでした。

「コーヒーは生命をのばす良薬で、特に日本のような国こそ、保健薬としてこれを用うべし、と勧めることである」。このように日本ではコーヒーが伝わった当初から、多くの蘭学者や医師たちが健康に寄与する飲料としてコーヒーの文献研究とその普及に関わっていました。

さて、シーボルトをはじめとする、学者や医師たちの活動は、のちに「コーヒー好き」として知られるようになる、ある人物の「コーヒーとの出会い」にもつながっていると言えるかもしれません。明治から大正にかけて活躍をした物理学者の寺田寅彦は、『珈琲哲学序説』という随筆を誌しており、コーヒー好きでも知られた人物です。その寺田寅彦の幼少期は病弱でした。医者は寺田少年に対し、体力増進を考え、次のような飲みものを勧めたといいます。それは粉にしたコーヒーをさらし、木綿の小袋にひとつまみ入れ、熱い牛乳に浸して漢方の風邪薬のように振り出し、絞り出したものでした。この時代にすでにカフェ・オレを楽しんでいたとは、さすがコーヒー通の寺田寅彦ですね。

前へ インデックスへ 次へ