コーヒー図書館

コーヒー物語

前へ インデックスへ 次へ

インスタントコーヒーの発明

きゅきゅっと瓶のフタを開けて、スプーン一杯のコーヒー粉をカップに移し入れ、熱湯を注ぐだけで、あっという間に、香しいコーヒーのできあがり…。

手軽に、しかも、いろいろなバリエーションを楽しめる『インスタントコーヒー』。お菓子づくりや料理に利用される方も多いことでしょう。何とも便利なインスタントコーヒーですが、日本に初お目見えしたのは大正時代で、アメリカから輸入されました。当時は、庶民には高嶺の花だったそうです。国内での生産が本格的に開始されたのは1960年代のこと。以来、様々な銘柄が市場に出回り、今では私たちの日常の中にすっかり浸透しています。

さて、ご存知でしたか?実は、この優れもののインスタントコーヒーを発明したのは、何と日本人だったのです。

時は1901(明治34)年、米・ニューヨーク州バッファローで開催された「パンアメリカ博覧会」に、世界で初めて『ソリュブル・コーヒー』なるものが出品されました。ソリュブル(soluble)とは溶けるという意味です。発表したのは、シカゴ在住の化学者・加藤サトリ。1899(明治32)年、加藤博士はコーヒーをいったん液化してから粉末にする実験に成功しました。ところが、日本では日の目を見ず、海を渡ったアメリカで発表されたのです。残念ながら、博士の『ソリュブル・コーヒー』は商品として市場に出ることはありませんでしたが、まさしくインスタントコーヒーの初めて物語なのです。

前へ インデックスへ 次へ